奈良県「旧奈良監獄」を文化財ホテルとして整備、国交相が認定、星野リゾートら2025年3月竣工へ

国土交通大臣は2022年3月、奈良県の「旧奈良監獄」の保存および活用に係る公共施設等運営事業を認定した。上質な文化財ホテルとして整備する。星野リゾートと旧奈良監獄保存活用によってホテル仕様への改修が進められており、2025年3月に竣工する予定だ。

「旧奈良監獄」は明治政府により建設された5大監獄の1つで、ほぼ当時のまま現存する唯一の刑務所として、2016年国の重要文化財に指定された。星野リゾートらは旧奈良監獄の赤れんが建造物の魅力を最大限に活かした「上質な宿泊施設」の実現を目指している。また、地産地消レストランやイベント会場を整備することで、旧奈良監獄・鴻ノ池運動公園周辺地区の地域活性化を図る。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…