JTBとタイ国際航空、バンコク/鹿児島・大分で双方向チャーター便、年末年始の福岡発は完売に

JTB九州とタイ国際航空(TG)は2014年11月26日~11月30日の期間、バンコク/鹿児島・大分間でチャーター便を運航する。11月26日にバンコクから鹿児島へ到着し、同日のうちに鹿児島・大分を出発してバンコクへ。その後、11月30日にバンコクから鹿児島・大分に戻り、バンコクへ帰る2ウェイ(双方向)チャーターとする。

2013年5月に日本旅行業協会(JATA)九州支部とタイ旅行業協会(TTAA)が相互交流活性化促進の覚書(MOU)を締結。以降、JTB九州では福岡/バンコク、長崎/バンコク間で2ウェイチャーターを実施してきた。今回が3回目となるが、同一機材で九州内2空港を利用するのは今回が初めて。これにより、日本での発地のみならず、タイ人観光客には周遊旅行のバリエーションを増やすことが可能となる。

JTB九州では今後も九州/タイ間の2ウェイチャーターを推進する方針で、今年の年末年始に設定したプーケット・バンコク/福岡のチャーターでは、福岡発プーケット行きが全席完売になっているという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…