OTAアドベンチャー社が「民泊」ビジネスに参入、大田区など国家戦略特区の条例整備エリアから

航空券や旅行先の現地アクティビティのメタサーチを提供するアドベンチャー社は2015年11月18日、民泊事業への参入を発表した。

訪日外国人向けサービス拡充の一環として、国家戦略特区に準拠したエリアを対象にサービスを提供するもの。東京・大田区や大阪府など、民泊解禁が具体的に進行中の地域から優先的に展開していく計画だ。

発表にともない、同社では航空券・ホテル予約サイト「skyticket(スカイチケット)」内に民泊事業の案内ページを公開。2016年に予定される正式リリースに先んじて、物件オーナーや利用者向けに事前登録用の問い合わせフォームを提供している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。