海外クチコミでみる日本への関心増加率、都道府県のトップ3は石川県、茨城県、富山県、アクセス国別では「中国」 ―トリップアドバイザー調査

旅行クチコミサイト「トリップアドバイザー」はこのほど、同サイトへのアクセス数をもとにした「インバウンドトレンド調査」を発表した。それによると、日本への関心度がもっとも高まった国は中国。人気のある都道府県トップ3は石川県、茨城県、富山県だった。

海外のトリップアドバイザーユーザーによる日本版サイトへのアクセス頻度(セッション数)がもっとも増加したのは、「中国」(130%増)。次いで「シンガポール」(37%)、「インドネシア」(30%)と続き、アジア諸国からの関心の高さがうかがえる結果となった。アジア以外では、カナダやスペイン、イタリア、イギリスなどが上位10か国・地域にランクインした。国・地域別のセッション数増加率トップ10は以下のとおり。

日本への関心度が高まった国・地域トップ10(トリップアドバイザーのセッション数ベース)

※順位:国・地域(前年比セッション数増加率)

  • 1位:中国(130%増)
  • 2位:シンガポール(37%増)
  • 3位:インドネシア(30%増)
  • 4位:台湾(25%増)
  • 5位:カナダ(24%増)
  • 6位:韓国(22%増)
  • 7位:スペイン(21%増)
  • 8位:イタリア(19%増)
  • 9位:イギリス(16%増)
  • 10位:オーストリア(10%増)

また、海外ユーザーが最も関心をもった都道府県は「石川県」(59%増)、「茨城県」(54%増)、「富山県」(47%増)の順。また、佐賀、大分、長崎、宮崎といった九州各県の人気も明らかになっている。都道府県別のセッション数増加率トップ10は以下のとおり。

外国人からの関心が高まった都道府県トップ10(トリップアドバイザーのセッション数ベース)

※順位:都道府県(前年比セッション数増加率)

  • 1位:石川県(59%増)
  • 2位:茨城県(54%増)
  • 3位:富山県(47%増)
  • 4位:鳥取県(42%増)
  • 5位:佐賀県(41%増)
  • 6位:岐阜県(40%増)
  • 7位:大分県(38%増)
  • 8位:長崎県(28%増)
  • 9位:兵庫県(28%増)
  • 10位:宮崎県(26%増)

なお、都道府県の人気1位を獲得した石川県のうち、最もクチコミ評価点が多かった観光スポットは「兼六園」。茨城県では「牛久大仏」、富山県では「立山黒部アルペンルート」だったという。

この調査は、トリップアドバイザーのデータのうち、2014年3月1日から2015年2月28日の1年間と、2015年3月1日から2016年2月29日の1年間のを比較したもの。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。