「ジャパネットたかた」がクルーズ旅行を販売、日時限定でテレビとECサイトで展開へ

「ジャパネットたかた」が、JTB首都圏のクルーズ旅行商品を受託販売する。ジャパネットグループのジャパネットサービスパートナーズ(第3種旅行業)が販売元となり、7月15日午前の時間帯限定でジャパネットたかたECサイト 「Japanet senQua(ジャパネットセンカ)」やテレビなどを通じて展開するもの。

商品は、「日本の美 瀬戸内海・名城の地めぐりと韓国9日間」。客船ダイヤモンド・プリンセス号での8泊9日のツアーで、販売客室は海側バルコニー(前方/後方)、旅行代金は1名26万6000円。

ジャパネットグループは今年30周年を迎えた新たなチャレンジとして旅行販売を開始。クルーズ旅行のようにまだ広く知られていないが本当に良い企画を知り、販売実現につながったという。

今回展開する媒体は、7月15日朝9時28分~11時13分のテレビ番組「7スタライブ」(テレビ東京)とECサイト「Japanet senQua」。ECサイトでの掲載は、同日朝9時30分から11時まで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。