JAL、人工知能「IBM Watson」で旅客の疑問に自動回答する新サービス、赤ちゃん連れのハワイ旅行で

日本航空は日本アイ・ビー・エム(日本IBM)の人工知能(AI)を活用し、赤ちゃん連れのハワイ旅行に関する疑問に自動回答するサービス「JALバーチャルアシスタントサービス『マカナちゃん』」を開始する。

赤ちゃん向けの空港や機内でのサービスからハワイでの離乳食の入手方法など、これまでコールセンターやJALホームページなどで提供していた情報を、パソコンやスマートフォンを通して24時間、簡単に質問できるようにしたもの。

IBM Watonの自然言語の分類と対応技術で、大量の情報を学習し、適切な回答を行なえるようにした。このため、JALのコールセンターでの対応履歴や蓄積してきた旅行関連情報に加え、約1万人のJALと日本IBM社員から集めた想定質問もあわせて学習した。これをもとに、今後の学習では利用者とのチャットの対話内容で、応答の精度を高めていく方針だ。

同サービスの実施期間は2015年12月5日~2017年1月10日まで。

関連記事>>

赤ちゃん宿泊旅行デビューの6割は生後6~7か月までに、心配事は子どもの「体調」「睡眠」「食事」が上位に

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…