スカイマーク、仮想現実(VR)技術を活用した研修・訓練を導入、ソフトバンクと連携、安全運航への取り組みで

ソフトバンクとスカイマークは、バーチャルリアリティ(VR、仮想現実)技術を用いた研修コンテンツの導入について検討を開始した。航空機の安全運航に向けた取り組みの一環として進めるもの。

ここでは、360度のVR映像を使用することで、利用者が普段体験しにくい状況を体験できる点に着目。技能向上や知識習得に向け、研修や訓練での導入に向け、コンテンツの検討を進めていく考えだ。

以下は、VR映像の撮影風景。非常脱出スライドを展開した際の機上からの見え方を確認できる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。