「日本の国境」テーマで食イベント、佐渡や五島列島など離島10地域の食材を紹介

「日本の国境に行こう!!」プロジェクトでは、2018年3月9日と10日、東京都世田谷区で「日本の国境離島横丁」を展開する。"おいしい国境"をテーマとする食イベントを通じて、国内の有人国境離島の豊かな文化や自然を紹介。移住や定住促進などにつなげるもの。

この取り組みは、2017年4月に施行された「有人国境離島法」を契機に推進中のプロジェクトの一環。今回のイベントは、世田谷の「しもきたスクエア」で実施。対象地域の中から、10地域(利尻・礼文、伊豆諸島南部地域、佐渡、隠岐諸島、対馬、壱岐島、五島列島、甑島列島、種子島、屋久島)の食材を屋台スタイルで提供する。

「日本の国境に行こう!!」プロジェクトの事務局は、現在、内閣府総合海洋政策推進事務局有人国境離島政策推進室に設置されている。有人国境離島法により、有人国境離島地域(29地域・148島)のうち本土から遠隔地に位置する15地域・71島を「特定有人国境離島地域」と指定。同プロジェクトでは、島国であり海洋国家である日本の原風景が国境の島にあることを周知する活動を積極展開している。

日本の国境に行こう!!

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。