観光映像コンテスト、2018年大賞は長崎・南島原の「夢」を選出 ―観光庁 【動画】

観光庁はこのほど、「第7回観光映像大賞作品(観光庁長官賞)」として、長崎県南島原市を舞台にした作品「夢」を選出した。

このアワードは国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018(SSFF&ASIA)」の一環として実施されるもの。”映像を通じた観光促進”をテーマに、都道府県で制作された観光プロモーション映像のうちもっとも優れた作品には観光庁長官賞(大賞)が贈られる。今年は130以上の国・地域から1万点以上の作品が集まった。

動画:南島原市観光ショートフィルム「夢」(Youtube:約8分)

観光映像大賞を受賞した「夢」は、過去に戻ることができると言われた主人公が、南島原市を舞台にはかなく美しい不思議な1日を過ごす光景を描いた作品。その優れた創造性や話題性が認められた。

その他、観光映像大賞のファイナリスト作品は、以下「旅もじゃ」内の特設サイトで閲覧できる。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。