日本とフランス政府が観光協力で覚書、交流160周年記念で ―観光庁・日本政府観光局

観光庁と日本政府観光局(JNTO)、フランス観光開発機構は2018年9月20日、日仏交流160周年を記念して観光協力に関する覚書に署名した。両国の観光分野が国民の相互理解や友好促進に重要との共通理解に伴うもの。

※写真左から、観光庁長官 田端浩氏、JNTO理事長 清野智氏、フランス観光開発機構総裁クリスチャン・マンテイ氏。

3者は2013年6月に観光協力に関する共同声明に署名しており、今回の覚書はさらなる強化を確認するもの。

日本では2019年にラグビーワールドカップ、2020年にオリンピック・パラリンピック競技大会が、フランスでは2023年にラグビーワールドカップ、2024年にオリンピック・パラリンピック競技大会が開催されることを踏まえ、各スポーツイベントを活用したプロモーションを実施し、その経験を共有していくことを確認している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。