羽田空港の国内線第2ターミナルに別棟がオープン、搭乗口は3か所、ANAはWi‐Fiサービスなどを無料提供

日本空港ビルデングは、羽田空港国内線第2ターミナルで2018年12月10日、国内線搭乗ゲートを備えたサテライト施設(別棟)をオープンする。

サテライト施設は地上3階建てで、出発フロアを2階、到着フロアを3階に配置。搭乗ゲートでは搭乗口46~48番が開設されるほか、ターミナル本館と同じく待合エリアや売店などが設けられる。サテライト施設への移動は、第2ターミナルの専用バス乗り場から最大約10分で可能。サテライトに到着した旅行者も、専用バスで到着ロビーまで案内されることになる。

なお、全日空(ANA)では、サテライトの搭乗ゲート利用者に対し、ターミナル本館ではANAラウンジ利用者に限定している「ラウンジ専用無線LANサービス」と「デジタルコンテンツサービス」を無料で提供する。

ANA:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。