長野・白馬村がタビナカ観光アプリ公開、複数スキー場のシャトルバス位置情報やクーポンなど、KDDIやナビタイムなど4社で

長野県の白馬村観光局、KDDI、ナビタイムジャパン、ギフティの4社は2018年12月21日、白馬村のスキー場の情報を配信するスマホアプリ「HAKUBA VALLEY」を提供開始する。

村内10のスキー場をカバーする「HAKUBA VALLEY」を対象に、各スキー場の情報をはじめ、シャトルバスの位置情報や村内店舗のクーポンなどを配信。観光記事やアクティビティ予約、観光スポットやレストラン検索機能も提供するなど、1つのアプリで多彩な情報を統合管理できるようにした。

シャトルバスに搭載したGPS情報をもとにバスの到着時刻や位置情報を把握できるうえ、日本語以外に英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語に対応。iOSとAndroidに対応する。

なお、同プロジェクトの実施にあたり、白馬村とKDDIは地域活性化を目的とする連携協定を締結。プロジェクトの総合管理や全体統括をおこない、アプリ提供以外にはアクティビティ活動中の充電切れ不安解消に向け、村内22カ所にポータブル充電器を設置した。

ナビタイムジャパンはバスロケーションシステムやアプリ構築、運用保守、アプリケーション利用データ分析などを実施。ギフティはクーポンのeチケットや電子スタンプ、クーポン利用実績データの蓄積・集計などをおこなう。今後は4社連携で次世代通信システム「5G」やIoTなどの技術を活用した取り組みも進める考え。

サービスイメージ:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。