賃貸住宅サービス「OYO LIFE」、シェアエコ使い放題の新サービス開始、実店舗の不動産のネットワーキングも

インドのホテルチェーンOYO(オヨ)とヤフーの合弁会社が運営する賃貸住宅サービス「OYO LIFE(オヨライフ)」は、2019年3月28日の記者会見でシェアサービスを活用した新サービス「OYO PASSPORT(オヨパスポート)」を発表した。

オヨライフは家具家電や生活用品を付帯したサービスアパートメントだが、オヨパスポートでは家事代行やカーシェアリングなど生活にあると便利なサービスを、シェアリングエコノミーベースのサービス事業者と提携して提供。入居後1か月間、無料で利用できるようにする。

オヨライフを運営するOYO TECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPANのCEO勝瀬博則氏は、「オヨパスポートは、『旅するように暮らす』生活に誘うパスポート。シェアリングエコノミーベースの新しい生活を拓く、世界初のサービス」とアピール。現在のところ、家具・インテリア・家電の「CLAS」や、DeNAの個人間カーシェア「Anyca」、シェアオフィス「KEY STATION」など7社の参加だが、今後は200以上の提携パートナーのサービスを使えるようにする。

記者会見には、オヨパスポートでサービスを提供するシェアリングエコノミー企業も参加。左から)シェアリングエコノミー協会、シェアオフィス「KEY STAYTION」、家具インテリア家電の定額サービス「CLAS」、OYO TECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPAN、個人間カーシェアの「Anyca」、家事代行サービス「ベアーズ」

さらにオヨライフでは、リアル店舗での物件紹介を行なう不動産パートナーとも連携。オヨライフの不動産仲介ネットワーク「OYO Partner不動産」も開始した。従来の不動産ネットワークと異なり、加盟料、システム利用料、保証金、ロイヤリティ、広告負担料はなし。さらに、仲介手数料は1件当たり1か月4000円、宅地建物取引士の保有者は法人でも個人でも可能とするなど、シンプルなスキームで始めやすい内容とした。

すでに六本木や麻布十番などを中心に、都内で30店舗を展開。今後も順次拡大していく予定だ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。