ANA、国際航空券販売で新流通規格「NDC」開発に着手、外部旅行サイトで付帯サービスの購入を可能に

全日空(ANA)とアイルランド拠点の旅行関連システム会社オープンジョー社は2019年4月15日、国際航空券販売をおこなうNDCプラットフォームの開発について契約を締結した。

両社は今回の提携を通じ、ANAの予約システムと国際線航空券を扱う外部提携先のシステムを直接つなぐプラットフォームを開発。2019年度下期には、航空券オンライン比較サービスとの接続を実現し、その後、旅行会社やサービスプロバイダとのサービス拡充も進める計画だという。

NDCとは、IATA(国際航空運送協会)が推進する航空券や付帯サービスなどの新しい流通規格(New Distribution Capability)。同規格に対応したプラットフォームを通じて、ANAと外部提携先のシステムを直結することで、機内食や機内座席などの画像の配信も可能に。外部提携先のサイトでも品質の高い情報を閲覧できるようになる。同時に、これまでは一部での利用に限定されていた有料ラウンジサービスなどの航空券以外の付帯サービスも、外部提携先サイトで購入可能となる見通しだ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。