訪日外国人消費総額の確定値は4兆5189億円に、速報値から125億円プラス -2018年実績

観光庁はこのほど、2019年1月に速報した2018年の訪日外国人旅行消費額の確定値を発表した。これによると、2018年の訪日外国人旅行消費額は、速報値から125億円プラスとなる4兆5189億円となった。

国・地域別では、中国が全体の34.2%を占める1兆5450億円でトップ、韓国の5881億円(全体の13%)、台湾5817億円(同12.9%)と続いた。また、一人当たりの旅行支出は速報値の15万2594円から15万3029円に変更となった。

観光庁:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。