台湾地震で観光組織が現地情報を発信、日本人観光客の被害なし、駅や空港の一部が破損

台湾観光局・台湾観光協会は2019年4月18日、現地時間13時頃に発生した東部・花蓮沿岸を震源とするマグネチュード6.1の地震発生を受け、現地状況を伝えている。

花蓮県政府の発表では、花蓮駅や空港で施設の一部が破損したものの、それ以外の災害はない模様。また、日本人観光客の被害報告もないとされている。

ライフラインについては、台湾市や台湾全土の電気水道なども正常供給がなされている。主要交通については、以下の状況を報告している。

  • 台湾鉄道:線路、施設の検査結果、安全を確認後、台湾時間 17 時現在全線正常運行
  • 台湾高速鉄道:線路、施設の検査結果、安全を確認後、全線正常運行
  • 台北MRT:線路、施設の検査結果、安全を確認後、全線正常運行
  • 花蓮エリア道路交通網:一部道路への落石撤去作業を完了し 、正常通行を再開。但し台8号線及び8臨37線は、地震後の地盤がまだ不安定なことから落石の恐れがあるとし、18日は車の進入を禁止、19日午前中に巡回後安全を確認した後、通行を再開するか判断される模様

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。