【人事】キャセイパシフィック航空、新経営陣を発表、「一新して信頼回復」へ

キャセイパシフィック航空は2019年8月19日付で、新しい経営陣を発表した。

新しい最高経営責任者(CEO)には、キャセイパシフィック航空の大株主スワイヤー・グループの香港エアクラフト・エンジニアリング(HAECO)グループCEOと、ジョン・スワイヤー&サンズの取締役を兼任していた、オーガスタス・タン氏が就任(※写真)。カスタマー&コマース最高責任者には、香港エクスプレスCEOのロナルド・タム氏が就任した。

前CEOのルパート・ホッグ氏と前カスタマー&コマース最高責任者のポール・ルー氏は、8月16日付で辞任が受理された。ホッグ氏は、「この数週間にキャセイパシフィックが直面した困難な状況を考え、ポールと私は会社のリーダーとして責任を取るべきと判断した」とコメント。香港の大規模な市民デモでの対応に影響を受けた引責辞任であることを示唆した。

キャセイパシフィック航空会長のジョン・スローサー氏も「最近の出来事は安全運航に対する姿勢に疑問を抱かせ、キャセイパシフィックの評判とブランドは厳しい圧力にさらされた」とし、「経営陣を一新することで信頼を回復し、前進していくのが適切と判断した」とのコメントを発表。「キャセイパシフィックは基本法に記された一国二制度のもとでの香港を全面的に支持する」とも述べた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。