世界で急拡大するホテルチェーン「オヨ(OYO)」、日本事業を本格化、半年で100軒超に

インド発ホテルチェーン「オヨ ホテルズ&ホームズ(OYO Hotels and Homes)」は2019年10月23日、日本での施設数が全国50以上の都市で計100軒以上になったことを発表した。2019年4月に日本での事業会社として、ソフトバンクなどとの合弁会社「OYO Hotels Japan合同会社」を設立してから、半年間で100軒の展開に達したことになる。

これを受け、OYO Hotels Japan 合同会社が日本での本格展開を開始。このほど、オペレーティング・パートナーとしてOYO創設者の一人であるプラスン・チョードリーが就任した。今後も事業拡大のための投資を続けていく方針で、チョードリー氏は「ホテル経営者が持続可能なビジネスを展開できるよう支援する」とコメントしている。

OYOは現在、世界32億人の中間所得者層の旅行者をターゲットに、各国で3万5000軒以上のホテルを展開。世界第2位のホテルチェーンに成長している。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。