【年頭所感】トラベルポートジャパン代表 東海林治氏 ―最も信頼されるテクノロジーパートナーに

トラベルコマースプラットフォームを提供するトラベルポートジャパン代表取締役社長の東海林治氏が、2020年を迎えるにあたって年頭所感を発表した。

東海林氏は2020年、旅行業におけるデジタルトランスフォーメーションが本格化し、個人の嗜好にあった旅行提供がより簡単・迅速に実現できるようになると展望。旅行会社に対するコンサルテーションを進化させると同時に、必要不可欠な存在となるように取り組み、最も信頼されるテクノロジーパートナーとなることを目指すとしている。

発表された内容は以下のとおり。原文のまま掲載する。


2020年 年頭所感 -抱負・ご挨拶

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

本年は世界から注目を集める東京オリンピックを控え、日本の旅行業界にとっていよいよ活況を呈する出発点になる年となる事を願います。

また旅行業において、デジタルトランスフォーメーションが本格化し、データ活用による消費者(個々人)の嗜好にあった旅行商品、情報、体験の提供が、より簡単にスピーディーに実現できるようになると考えております。

係る環境変化の中、トラベルポートとしましては、旅行会社の皆様に対するコンサルテーションを進化させ、消費者や法人顧客ニーズに応えていただけるようなソリューションのご提案、プロダクトのご提供等積極的に推し進めてまいります。

トラベルポートがご提供するグローバルプラットフォームが、旅行会社のインフラとして必要不可欠な存在になれるよう取り組み、皆様から最も信頼されるテクノロジーパートナーとなることを目指してまいります。

2020年も皆様からのご支援ご指導のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

トラベルポートジャパン株式会社


代表取締役社長 東海林治

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。