出光興産、千葉県館山市で超小型EVのカーシェアリング実施、再生可能エネルギーをワイヤレス充電

出光興産はこのほど、千葉県館山市で超小型EVを活用したカーシェアリング「オートシェア」の実証実験を開始した。2019年8月に開始した岐阜県飛騨市・高山市に続き、2カ所目。館山市では駅前や地元企業など駐車場3カ所をカーステーションとし、地元住民の買い物など近距離移動の足としてサービス提供する。公式サイトで会員登録すれば、誰でも手軽に次世代モビリティを体験できる。

車両には出光興産の子会社であるソーラーフロンティアが開発中の軽量CIS太陽電池を設置。再生可能エネルギーで走行するEVを活用したMaaSの実証実験となる。また、カーポートには非接触充電設備を利用し、軽量CIS太陽電池で発電された電気をワイヤレスで車両に充電する。国土交通省の「超小型モビリティの認定制度」に申請し許可を受け、市内の決められた区間での公道走行が認められている。

同社は、地産地消型の分散電源を活用し、新しいモビリティ社会を創出したいとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。