NEC、国際航空通信機構と協業、空港の生体認証プラットフォーム開発で、すべての手続きを非接触に

NECと国際航空情報通信機構(SITA)は、空港でのデジタルソリューション導入に向けたパートナシップを結んだ。NECの生体認証プラットフォーム「I:Delight」とSITAの生体認証ソリューション「Smart Path」および非接触旅客システム「SITA Flex」をベースに、共通プラットフォームとAIソリューションの開発で協力していく。

両社は、新型コロナウイルスによって、これまで以上に空港での衛生管理が求められていることから、国際航空運送協会(IATA)や国際空港評議会(ACI)のガイドラインに従う形で開発を進めていく。

具体的には、空港でのそれぞれの手続きでモバイルを活用することで非接触を推進。モバイル上の生体認証によって、チェックイン、支払い、手荷物預け入れ、保安検査場、出入国審査、搭乗までを行えるようにする。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。