GoToイート(Eat)キャンペーン、店舗登録を開始、ポイント付与は10月1日から

農林水産省は、新型コロナウイルスによって大きな影響を受けている飲食店と農林漁業者を支援する「GoToイート(Eat)キャンペーン」について、オンライン飲食予約事業者へ登録を希望する店舗の募集を開始するとともに、参加条件の一覧を掲載したサイトも公開した。また、2020年10月1日以降、準備が整ったオンライン事業者から順次ポイントの付与を開始する。

このほか、「GoTo Eatキャンペーン公式サイト」を公開。あわせて、飲食店および消費者向けにコールセンターを設置した。

GoToイートキャンペーンでは、食事券として767億円の給付金を予算化。登録飲食店で使用できるプレミアム付食事券(購入額の25%分を上乗せ)を発行する。購入制限は1回の購入当たり2万円分。販売は2021年1月末までで、来年3月末まで有効となる。

オンライン飲食予約では、次回以降にキャンペーン参加飲食店で利用できるポイントとして、昼間時間帯は500円分、15時以降の夕食時間帯は1000円分を付与する。上限は1回の予約あたり10人分(最大1万円分のポイント)。10月1日から順次ポイントの付与が開始される。

食事券発行事業者は都道府県・政令指定都市および特別区単位で公募。1次公募として、33府県35件、オンライン飲食予約事業者は13件が採択されている。9月8日には、2次公募を開始した。

Go To Eatキャンペーン公式サイト

オンライン飲食予約事業者への参加条件一覧

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。