ハワイ州、旅行者の14日間隔離を回避する新プログラムを導入、10月15日から、到着後の検査か出発72時間前検査で

ハワイ州政府は、観光産業を中心とした経済を活性化させる施策のひとつとして、ハワイへの旅行者に対して14日間の自主隔離を回避する「旅行前テストプログラム計画(pre-travel testing program)」を2020年10月15日から開始すると発表した。

このプログラムでは、すてべの旅行者がハワイ州に到着後、検査を受けるか、あるいは14日間の自主隔離を受けなければならない。また、到着時に検温を受け、健康および旅程に関する質問表を提出しなければならない。

このほか、旅行者はハワイ到着前72時間前までに検査で陰性であることを証明すれば、ハワイでの自主隔離を回避することが可能としている。

現在ハワイ州が承認している新型コロナウイルス検査は、CLIA(Clinical Laboratory Improvement Amendments)認証の研究所が行うアメリカ食品医薬品局(FDA)が認めたNAAT試験のみ。現在のところ、薬局を展開するCVSとヘルスケア会社のKaiser Permanenteのみがこの検査を行うことができる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。