アマゾン、航空機を自社購入、デルタ航空とウエストジェットから、貨物機に改修し長距離の輸送力を強化

image via shutterstock.

ネット通販アマゾン(Amazon)は、ボーイング767-300型11機をデルタ航空とウエストジェットから購入する。これにより、アマゾン・エアのフリートを拡充し、長距離の輸送力を強化する。同社が航空機を自社購入するのは初めて。これまではリース機を運航してきた。

11機のうち、7機はデルタ航空から、4機はウエストジェットから調達。ウエストジェットからの4機は現在、旅客機から貨物機への改修を進めており、今年中にアマゾン・エアに加わる。また、デルタ航空からの7機は2022年に運航を開始する予定だ。

アマゾンは、航空輸送の強化を進めており、昨年は同社初の航空貨物ハブをドイツのライプチヒ空港に整備したほか、米国内の主要空港での航空貨物便の運航を開始した。また、今夏に代替航空燃料を600万ガロン購入することを発表した。さらに、地上施設では屋上にソーラーパネルの設置を進めるなど最新発電技術への投資も継続している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。