検索タグ "Amazon"

アマゾン、航空機を自社購入、デルタ航空とウエストジェットから、貨物機に改修し長距離の輸送力を強化

アマゾン、航空機を自社購入、デルタ航空とウエストジェットから、貨物機に改修し長距離の輸送力を強化

アマゾンは、デルタ航空から7機、ウエストジェットから4機のボーイング767-300を購入。貨物機に改修し、アマゾン・エアの長距離の輸送力を強化する。ウエストジェットからの4機は今年中に、デルタ航空の7機は来年に運航を開始する予定。
航空連合スターアライアンス、コスト削減とコロナ後の旅客体験向上で、アマゾンのクラウドサービスに全面移行

航空連合スターアライアンス、コスト削減とコロナ後の旅客体験向上で、アマゾンのクラウドサービスに全面移行

スターアライアンスは、アマゾンのクラウドサービスAWS導入。データセンターを閉鎖し、ITインフラをAWSに完全移管することでコスト削減とコロナ後の旅客体験向上へ。
アマゾン、出張控えで経費削減10億ドル、一方でコロナ対策コストは40億ドルを計上【外電】

アマゾン、出張控えで経費削減10億ドル、一方でコロナ対策コストは40億ドルを計上【外電】

テクノロジー企業による出張経費の縮小が明らかに。アマゾンでは約10億ドル減に至った一方、パンデミックで生じた「生産性の落ち込み」で相殺されるとの見方も。
アマゾンのタビナカ事業の行方を考えた、簡単ではないリアル体験ツアーに進出できるのか【外電】

アマゾンのタビナカ事業の行方を考えた、簡単ではないリアル体験ツアーに進出できるのか【外電】

アマゾンがバーチャル体験ツアーを開始。アマゾンは、大手OTAやスタートアップの競合なりうるのか。「スキフト(skift)」が、タビナカの競合他社の動向やその難しさについてまとめた。
アマゾン、バーチャル旅行体験サービスを開始、現地商品を買えるプランも、米国向けにβ版を提供

アマゾン、バーチャル旅行体験サービスを開始、現地商品を買えるプランも、米国向けにβ版を提供

アマゾンがバーチャル体験サービス「Amazon Explore」を発表。世界各地のバーチャル旅行提供や現地体験などが可能に。現在は米国ユーザー向けにβ版を提供。
総合旅行プラットフォーム「エアトリ」がAmazon Payを導入した狙いとは? 成約率向上からLCC販売促進までメリットを聞いてきた(PR)

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」がAmazon Payを導入した狙いとは? 成約率向上からLCC販売促進までメリットを聞いてきた(PR)

旅行予約でコンバージョン率向上に効果を与えるカギは何か? 旅行総合プラットフォーム「エアトリ」が先ごろ導入した決済サービス「Amazon Pay(アマゾンペイ)」とその効果について、話を聞いてきた。
アマゾン、インドで旅行販売を拡大、国内バス路線の取扱いスタート

アマゾン、インドで旅行販売を拡大、国内バス路線の取扱いスタート

アマゾンがインドのOTA「メイクマイトリップ(MakeMyTrip)」傘下のバス乗車券プラットフォーム「レッドバス(RedBus)」と提携。インド国内のバス5万ルートのオンライン販売を開始。
アジアの小売業売上ランキング、トップは中国「アリババ」2435億ドル、EC市場が台頭へ ―ユーロモニター調査

アジアの小売業売上ランキング、トップは中国「アリババ」2435億ドル、EC市場が台頭へ ―ユーロモニター調査

英調査会社ユーロモニター・インターナショナルが、最新レポート「アジアの小売業者TOP100」を発表。中国のアリババとJD.comがトップ2に。
アマゾンが始めた航空券予約サービス、最初にインド市場を選んだ意味を考えてみた【外電】

アマゾンが始めた航空券予約サービス、最初にインド市場を選んだ意味を考えてみた【外電】

2019年5月、アマゾンがインドで航空券の予約サービスを開始したニュースが業界を駆け巡ったことは記憶に新しい。「なぜインドだったのか」という疑問とともに、アマゾンの戦略を分析。
アマゾンが航空券予約に参入、インド現地OTAと提携で、キャッシュバックで新規会員の囲い込みも【外電】

アマゾンが航空券予約に参入、インド現地OTAと提携で、キャッシュバックで新規会員の囲い込みも【外電】

アマゾンがインドのOTA「クリアトリップ(Cleartrip)」と提携し、同社の予約エンジン経由でインド国内線の航空券予約を開始。米旅行関連メディア「スキフト」が報道。
アマゾンはホテル予約に参入するのか? 実現時にオンライン旅行市場に与える影響を予測した【外電】

アマゾンはホテル予約に参入するのか? 実現時にオンライン旅行市場に与える影響を予測した【外電】

アマゾンによる旅行業参入はありうるのか――。米金融大手モルガン・スタンレーの分析をもとに、既存OTAやグーグルなど、各業界への影響力を考察。