日本旅行、JR利用の「カーボン・オフセット」プランを販売、発着地の環境保全に活用

日本旅行はSDGsの取り組みの一環として、カーボン・オフセットを取り入れた国内旅行プラン「JRセットプランCarbon-Zero」を発売する。

カーボン・オフセットとは、日常や経済活動で避られないCO2などの温室効果ガスの排出量に見合った削減活動や投資を行うもの。この商品では、購入者が、旅行中のJR新幹線、特急列車の移動で発生する二酸化炭素排出量の相当額を別途支払うようにした。

日本旅行の国内旅行ブランド「赤い風船」の西日本地区を出発地とする6商品で、2月12日に販売を開始する。購入者が旅行代金とは別に支払う二酸化炭素排出量相当額は、大阪発着の北陸、城崎・湯村、鳥取・島根方面は100円、新大阪発着の鳥取・島根、岡山・広島・山口方面は150円など。

これにあわせ、日本旅行と滋賀県造林公社は「びわ湖カーボン・クレジットパートナー協定書」を締結。日本旅行がカーボンオフセット代金で、国のJ-クレジット制度の認証を受けている滋賀県造林公社からのJ-クレジット(CO2吸収量)を購入する。滋賀県造林公社はこの代金を、琵琶湖源流にある森林保全に役立てる。日本旅行では、J-クレジット購入先に滋賀県造林公社を選んだ理由の1つに、対象プランの利用者の居住地域の水源である琵琶湖の森づくりに貢献できるようにしたと説明している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。