東京五輪2020、インバウンド観戦客の受け入れ断念、チケット払い戻しへ

国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、東京都、東京2020組織委員会、国の5者が2021年3月20日、リモート協議を行い、東京2020大会における海外観客の日本への受け入れ断念で最終合意した。日本側が安全・安心な大会を実現するために海外在住者の受け入れ見送りを報告し、IOC、IPCが了承した。

この数年、東京オリンピック・パラリンピック時の海外観客受け入れを前提に、インバウンド事業への投資をしてきた観光関連事業者にとっては厳しい結果となった。

新型コロナウイルスの感染状況が変異株の出現を含め、国内外で厳しい状況が続いており、今年の夏に海外から日本への自由な入国を保証することは困難と判断した。海外在住者が購入したオリンピック・パラリンピックチケットは払い戻しされる。払い戻しの詳細は迅速に別途知らせるという。

なお、アクレディテーション(関係者のIDカード)を保有して今夏来日する大会関係者については、引き続きプレイブックに記載のルールに服することを求める。プレイブックの第2版は、4月中に発行する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。