JALとJR東日本、MaaS領域で連携、旅行準備・国内空港への移動から海外タビナカ、次回の旅行計画まで

日本航空(JAL)と東日本旅客鉄道(JR東日本)は、MaaS領域で連携する。これまで旅行準備、国内・航空移動、現地滞在といったシーンごとに独立していた体験をシームレス化できるよう、実証実験を通じて新サービスの創出に取り組む。

第1弾として、ハワイの本格的な観光が再開され次第、日本からハワイへの旅行者に向けたMaaS実証実験を実施する。JALは新しい観光情報、滞在中の移動手段の予約・手配機能など、JR東日本はモビリティ・リンケージ・プラットフォーム、国内における空港への移動情報、旅行プランニングサービスなどをそれぞれ提供する。その後も、さまざまな場所や観点での連携を検討するという。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。