長野県飯島町、スマート農業の推進で仕事版LINEを採用、知識やノウハウの共有ツールとして

長野県飯島町営農センターは、「飯島町ICT農業実証実験プラットフォーム構想」において、スマート農業に向けた取り組みとして「LINE WORKS」を採用した。

「飯島町ICT農業実証実験プラットフォーム構想」とは、人手の確保、省力化、負担の軽減といった課題をロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して解決し、高品質生産を実現する新たな農業「スマート農業」の実現を目指す取り組み。

飯島町営農センターは、「LINE WORKS」を基盤とした「デジタル農業実験コンソーシアム」を構築し、参加する農業関係者に「LINE WORKS」アカウントを配布。スマート農業を推進するための知識やノウハウなどの情報を円滑に共有するコミュニケーションツールとして活用する。また、トークルームで作物別の情報管理や実証実験などの情報を共有することで、各農家の実態に合わせた支援や実証実験を行なう予定にしている。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。