タイ政府、11月からバンコクで隔離免除へ、ワクチン接種者が対象、来年1月にかけて国境再開を4段階で計画

タイの新型コロナウイルス対策当局(CCSA)は、2021年10月1日からワクチン接種から14日以上を経過した入国者の隔離期間を14日間から7日間に短縮すると発表した。ただし、到着初日と隔離期間中の6日目あるいは7日目にPCR検査を受ける必要がある。

また、ワクチン未接種者が空路あるいは海路で入国する場合は、10日間の隔離期間と隔離期間中の2回のPCR検査、陸路で入国する場合は、14日間の隔離期間と隔離期間中の2回のPCR検査が義務付けられる。

このほか、CCSAは、今後の4段階にわたる国境再開計画についても承認。まず、10月は試験段階と位置づけ、7月からプーケット、プーケット、スラートターニー、クラビ(指定地域)、パンガー(指定地域)で実施されている「サンドボックス方式」を継続する。サンドボックス方式とは、指定地域での実施されている旅行の規制緩和。ワクチンの接種を完了した外国人旅行者を隔離措置なしで受け入れるもので、7月からプーケット、サムイ島などで導入されている。

11月からは第1段階として、バンコク、クラビ、バンガーの全域、ブリーラム、チェンマイ、チョンブリー、ルーイ、ペッチャブリー、プラチュワップキーリーカン、ラノーンの指定地域で国境を開放する。

12月からの第2段階では、アユタヤ、チェンライ、コーンケンなど20県に拡大され、来年1月からの第3段階では、ブンカーン、チャンタブリー、カーンチャナブリーなど国境に接した13県に対象を拡大する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。