観光庁長官表彰、今年の受賞者を決定、「燕三条 工場の祭典」、かまいしDMCら、9個人・団体を選出

観光庁は、第13回観光庁長官表彰の受賞者を発表した。魅力ある観光地づくりや魅力の発信など、観光の振興、発展に貢献した個人、団体を表彰するもの。今年度は以下の9個人・団体を選出した。

観光庁長官表彰受賞者(敬称略)

  1. 「燕三条 工場の祭典」実行委員会
  2. 旅館甲子園、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会青年部
  3. 親川修氏(NPO法人バリアフリーネットワーク会議 代表)
  4. 井口智裕氏(株式会社いせん 代表取締役)
  5. 一般社団法人豊岡観光イノベーション
  6. 一般社団法人八ヶ岳ツーリズムマネジメント
  7. 株式会社かまいしDMC
  8. 伊根浦地区農泊推進地区協議会
  9. 島根県隠岐郡海士町

このうち、「燕三条 工場の祭典」実行委員会は、燕三条地域に集まるさまざまな「KOUBA」の見学や作業体験をできるイベントを開催。職人の後継者不足にも取り組んだ。コロナ禍ではオンイベントも継続的に実施した。

また、八ヶ岳ツーリズムマネジメントは、山梨県独自の認証制度「やまなしグリーン・ゾーン認証」と連携した新型コロナへの対応に加え、自然豊かな八ヶ岳のコースをEバイクで楽しむガイドツアーなど、新たなコンテンツを整備して来訪客の拡大に取り組んだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。