秋田県美郷町で観光乗合タクシーを運行、アプリ予約、事前決済などで、二次交通の課題解決へ

秋田県美郷町で観光乗合タクシーの実証実験がおこなわれる。「美郷町ラベンダーまつり」の開催に合わせて2023年6月10日からスタートし、8月12日まで試験運行して観光二次交通の課題解決を図る。

実証は、秋田県とオープンイノベーションプラットフォームのeiicon社が実施、デジタルの力で秋田県内4エリア(大館市、にかほ市、湯沢市、美郷町)の観光のにぎわいを創出する共創プロジェクト「AKITA TOURISM INNOVATION BUSINESS BUILD 2022」として、美郷町と、同町に採択されたNearMe社との共創により、乗合観光タクシー「ミズモシャトル」を運行する。

背景には、美郷町はラベンダー園や湧き水軍といった豊かな自然、温泉・宿泊施設、道の駅が点在するものの、それぞれターミナル駅である大曲駅からのアクセスが悪いことがある。主要駅から観光地を結ぶタクシーライドシェア、さらにアプリによる予約導線、フレキシブルな予約時間の設定、クレジットカードによる事前決済などを通じ、よりスムーズな観光二次交通の課題解決につなげたい考えだ。

ミズモシャトル対応エリア(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…