マイクロソフト、自治体や事業者向けMaaS導入支援プログラムを提供、共通システムの公開や人材育成講座など

マイクロソフトはこのほど、「MaaS(Mobility as a Service)」実現に向けたAIやIoTの活用策を発表した。日本における革新的なモビリティ(移動)サービスについて、業種や業態を横断した課題解決策を提案。これら支援策を通して新たなビジネスの創出を図るもの。

今回発表した支援策は、(1)MaaSリファレンスアーキテクチャーの提供、(2)MaaS技術者育成プログラムの提供、(3)新規ビジネス開発支援、(4)パートナー エコシステムの構築、の4種類。

MaaSリファレンスアーキテクチャーの提供とは、ユーザー認証やサービスAPI連携の仕組み、利用ログ蓄積、MaaSアプリケーションのサンプルコードなど、MaaSサービス展開時に必要となるシステム共通部分を定型化して提供すること。事業者や自治体がこのアーキテクチャを導入することで、コスト削減や開発期間の短縮に貢献する。

2019年9月からMaaS技術者育成プログラムとして、AIやIoTなど先進技術を活用したシステム構築に関する総合的なトレーニングを提供するほか、同社のAI人材育成プログラム「Flags!」と連携して技術支援やパートナーマッチングを支援する。

さらに、デジタルトランスフォーメーションを支援するパートナープログラム「Microsoft Partner Network for Industry(MPN for Industry)」の対応業種にMaaSを追加。MaaS普及に向けたパートナーエコシステムの構築を目指していくとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。