羽田空港近くに新複合施設開業、「天空橋」駅に直結、最新MR技術導入の体験型商業施設など

羽田みらい開発は2020年7月3日、京浜急行および東京モノレール「天空橋駅」直結の複合施設「HANEDA INNOVATION CITY(羽田 イノベーション シティ)」を開業する。

羽田空港跡地第1ゾーン整備事業として展開するもの。延床面積約13万平方メートルに、地上11階、地下1階の規模で展開。「先端技術」「日本の文化」を2つの柱に、新産業創造・発信拠点とする。

先端産業では、モビリティ、健康医療、ロボティクス、文化面では食、音楽、観光といった分野に取り組むことで、ヒト・モノ・コトが交流して独自のコミュニティを形成し、羽田ブランドの創造と育成につなげる。

施設内の建物を結ぶコリドーは、日本庭園や花札の絵柄などを意識したデザインを採用。屋上では足湯スカイデッキから羽田空港を望む絶景を楽しめる。施設内では、最新MR技術を採用する体験型商業施設、日本初の戦闘機フライト体験施設などを提供。飲食店では、多彩な日本の食文化を国内に発信する「羽田昔ばなし横丁」、郷土料理や地酒を提供する店舗「さとむすび」などが開業する予定だ。

なお、予定していたオープニングイベントは、9月に延期する。

羽田イノベーションシティ

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。