JAL、10月後半の国内線で84路線4474便を減便、成田/大連線は9月18日から週3便に増便

PATARA / Shutterstock.com

JALは、2020年10月16日~31日の国内線について、84路線4474便を減便する。期間中の平均減便数は1日280便。減便率は33%となる。

JALでは、足元の国内線航空需要は緩やかに回復基調にあるものの、各路線の需要動向を見極めながら、必要に応じて臨時便の運航や一部便の機材大型化など運航計画の見直しを検討していくとしている。

なお、国際線では、成田/大連線を9月18 日から週3便(火・木・金)に増便する。9月1日~30日の国際線の減便数は4133便(片道)で、減便率は87%。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。