世界的な旅行商談会「WTM」もバーチャル開催に変更、11月9日から3日間、事前にネットワーキング機会も提供

世界的な旅行商談会「WTM(ワールド・トラベル・マーケット)ロンドン」は、2020年11月9日~11日開催の本年イベントをすべてオンラインで開催すると発表した。当初は、11月2日からロンドンのエクセル(ExCeL)展示会センターで開催れる予定だったが、ヨーロッパでは依然として旅行規制やロックダウンが続いていることから、オンラインでの開催に切り替えた。

オンライン商談会では、1対1のバーチャル商談の機会を提供するほか、セミナーやラウンドテーブルも設定する。また、国際観光投資会議(ITIC)と共同で投資サミットも開催。マーケティング・フォーラムやワークショップの機会も設ける。

このほか、WTMに先立ち、10月30日~11月5日にかけて、バーチャルで「ロンドン・トラベル・ウィーク」を実施し、セラーとバイヤーとのネットワーキングの機会を提供する。さらに、世界観光機関(UNWTO)、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)、各国観光大臣が集まるサミットを開催する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。