シンガポール航空、11月から成田・関空線を増便、福岡線を再開、12月には週12便体制に

シンガポール航空(SQ)は、11月から成田・関空/シンガポール線を段階的に増便、福岡/シンガポール線を再開する。同社は現在、成田から週3便、関空から週2便を運航。11月からは成田・関空の両路線を週5便に増便し、福岡/シンガポール線は週1便で運航する。さらに12月には成田路線を週6便に増便する予定で、同社による日本からシンガポールへの運航は合計週12便になる。

なお、日本とシンガポール間の往来については、出国前の活動計画書の提出や14日間の健康モニタリングなどの条件のもと、9月18日からビジネストラック(短期出張目的)、9月30日からレジデンストラック(長期滞在の駐在員の派遣など)が開始されている。シンガポール航空は「経済的に強い結びつきのある両国の橋渡し役として運航数を増やすことを決めた」などとコメントしている。

シンガポール航空のフライトスケジュールの詳細は下記のとおり。

東京

報道資料より大阪

報道資料より福岡

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。