大阪、IR運営事業者を選定、MGMリゾートとオリックスのコンソーシアムを予定者に、2022年4月に区域整備計画の認定申請

大阪府および大阪市は、「大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業事業者公募」について、大阪府市IR事業者選定委員会での審査の結果を踏まえて、設置運営事業予定者として日本MGMリゾーツとオリックスが形成するコンソーシアムを選定した。

大阪府および大阪市は今後、国への区域整備計画の認定の申請に向けて、設置運営事業予定者と共同して区域整備計画の作成及び基本協定の締結協議を進めていく。区域整備計画の認定の申請は2022年4月頃の予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。