国際不動産見本市「MIPIM」の日本開催が規模拡大、環太平洋も対象に

国際不動産見本市「MIPIM(ミピム) JAPAN‐ASIA PACIFIC 2016」が2016年9月8日、9日に大阪で開催される。MIPIM(不動産プロフェッショナル国際マーケット会議)とは仏・カンヌで毎年開催される国際的な不動産イベント。都市開発や不動産投資に関連する自治体、企業、投資家などが集まる。

日本では2015年5月に初めて開催され、世界30か国地域から588団体(海外からは220団体)の2500人以上が参加した。2016年はさらに対象を環太平洋地域にも拡大して開催。テーマには(1)不動産・スマートシティ、(2)医療・ヘルスケアに加え、(3)観光・ツーリズムも対象となっている。会場はグランフロント大阪コングレコンベンションセンターなど。

なお、同イベントの主催者は、カンヌで開催される本家イベントの主催、リード・ミディム社などによるMIPIM JAPAN2016実行委員会で、国土交通省は2015年の日本開催時から後援している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。