てるみくらぶの前身「アイ・トランスポート」が破産申請へ、負債総額は調査中 ―東京商工リサーチ

東京商工リサーチによると、東京・渋谷区のアイ・トランスポートがこのほど破産申請の準備に入った。負債総額は現在調査中。

同社は、2017年に破産した「てるみくらぶ」の前身企業。「テルミツアー」「さわやかツアー」など、ハワイやグアムツアーを中心とする旅行事業をおこない、1992年には売上高約68億円を計上していたが、バブル崩壊に伴い経営が悪化。金融機関からの借入金返済にも窮する状況となり、1998年12月に分社をおこない「てるみくらぶ」を設立していた。その後、海外旅行関連事業をてるみくらぶに移管し、アイ・トランスポートは休眠状態となっていた。

なお、2018年10月17日に開催された「てるみくらぶ第2回債権者集会」では、てるみくらぶの債権額が137億1469万円、金融機関の預金解放や税金還付などによる財産目録の資産合計(評価額)は5億5840万円で、一般債権者への配当が見込まれることを公表。2019年3月13日予定の次回債権者集会までには配当額が決まる予定となっている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。