MaaSで何が変わるのか? 東京・お台場エリアに新たな移動パターンを生む実証実験アプリのポイントを聞いてきた

さまざまな交通手段のシームレスな移動を含む、ITを駆使した新たな移動性サービスの概念「MaaS」。このほど開始された東京臨海副都心(お台場エリア)での実証実験を取材した。東京の人気観光地であり、大規模な居住地域と隣接する同エリアでの実証実験は、多くの人々にMaaS実装社会の到来を意識させる体験になりそうだ。

取材したのは、ナビタイムジャパンとドコモ・バイクシェア、Japan Taxi、東京臨海高速鉄道、KDDI、東京臨海副都心まちづくり協議会の6者による「MaaS実証実験アプリ『モビリティパス』」。東京都の「MaaS社会実装モデル構築に向けた実証実験プロジェクト」で採択された企画で、単なる交通連携に留まらず、地域のニーズや課題への対応を盛り込んだのが特徴だ。

ナビタイムジャパンMaaS事業部事業部長の森雄大氏は、今回注目したお台場エリアの課題として「エリア内には素晴らしい場所が多くあるが、それぞれが必ずしも線で繋がれていない」と話し、この実証実験が「回遊性を向上させるのが一番の目的」と説明。そのため、実証実験では、「点と点(各スポット)を繋ぐこと」「行き先や経路を探して乗車するまでのスムーズ性」の2つに注力した。

具体的には、実証実験に参画する東京臨海高速鉄道「りんかい線」とドコモ・バイクシェアのシェアサイクルに加え、Japan Taxiの手配で期間限定の無料の予約制シャトル「東京臨海シャトル」を運行。同シャトルでは、お台場駅や日本科学未来館、ビッグサイトなどお台場エリアを大きくぐるりと回るルートと、晴海や勝どき、豊洲の高層マンションが多く建つ居住エリアから直接、お台場エリアの東京テレポートやテレコムセンターまで入れるルートの2ルートを運行し、既存の移動サービスにない形で隣接地域からの訪問促進とエリア回遊を意識した。

モビリティパスで連携したりんかい線と期間限定で運行する無料シャトルのルート

これにより、アプリ上で提供するエリアマップには、りんかい線による近郊地域からお台場中心地を結ぶ直通ルートと、同シャトルのルートの新たな路線図が誕生。森氏は「点と点を繋いで線にした。これを路線図として表現し、回遊して遊べることが分かる地図を作ったことが、一つのアウトプットだと思う」と、その意義を強調した。

さらに、同エリア内に300平方メートル四方に貸出/返却場(ポート)が1つあるというドコモ・バイクシェアのシェアサイクルで、路線上に限らない細かな移動も可能になる。

これら3つの移動手段をアプリで繋ぎ、現在地から行きたい場所を検索すると、その時々で最適な移動を提案。検索結果に対し、無料シャトルはそのまま予約を、シェアサイクルは予約と1日パスの購入もスムーズに行なえるようにした。シェアサイクルは1日パスの購入時に4ケタ数字のアンロックキーが発行されるので、他のサイトに遷移して登録などをすることなく、予約から乗車までシームレスに利用できるのもポイントだ。

(左)無料シャトルの予約完了画面。予約番号をドライバーに告げて乗車。(中央)ルート検索結果にシェアサイクルの購入予約ボタンが表示。(右)りんかい線で実証実験中に実施する1日乗車券のプレゼントも検索結果からアクセスできる

また、ルート検索時にはアプリに登録されているスポットからの検索や、行きたい場所やスポットの名称をフリー入力して検索することも可能。登録スポットにはそれぞれ、画像とともに観光情報を掲載するほか、一部では施設や商品の割引などのクーポンも用意しており、エリアの魅力向上と回遊を促す仕掛けも組み込んだ。

(左)「モビリティパス」アプリのトップ画面に近隣のおすすめスポットや記事を表示。(中央)気になるスポット等をクリックすると詳細情報とともにルート検索へつながる「ここへ行く」ボタンが表示。(右)クーポン画面からもルート検索が可能。

実証実験は2020年1月16日~2月14日まで実施。アプリをダウンロードし、実証実験に参加した人には、りんかい線の1日乗車券を無料で提供する。アプリは日本語のほか、英語、中国語、韓国語に対応し、訪日客の回遊利便性を高めている。

なお、東京都の「MaaS社会実装モデル構築に向けた実証実験プロジェクト」では本実証実験のほか、竹芝エリアでの鉄道や船舶など複数の公共交通機関による連携と、立川駅周辺エリアでの電子チケット機能付きMaaSアプリの合計3つの実証実験を実施。東京都では将来的に、都内全エリアを繋ぐMaaSの実現を目指しているといい、こうした実証実験を通して、地域によって大きく異なる特性やニーズ、課題への対応に取り組んでいく方針だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。