日本の国際クルーズ再興へ、国交省が11港に3億円投入、今年度は感染防止対策も優先

国土交通省は2020年11月6日、クルーズ再興に向けた国際クルーズ旅客受入機能高度化事業について、2020年度募集分として11港での実施を発表した。例年、屋根付き通路の設置や旅客上屋の改修などに要する経費を補助しており、今年度は旅客ターミナルにおける感染防止対策も優先的に支援する。

実施が決定したのは、秋田港、横浜港、清水港、舞鶴港、大阪港、神戸港、境港、高知港、下関港、網走港、那覇港の11港で、投入する国費は対象経費の約3分の1にあたる合計約3億円。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。