香港とシンガポール、2国間相互の隔離免除(トラベルバブル)開始、香港発はワクチン接種を義務化

香港とシンガポールはことと2021年5月26日から入国後の隔離措置を免除するトラベルバブルを開始する。両都市は当初、昨年11月にトラベルバブルの開始を予定していたが、香港での感染者数が急増したことから、開始数日前に延期を発表していた。

両都市間のトラベルバブルでは、香港からシンガポールへの旅行者は、出発2週間前までにワクチンを接種する必要があるが、シンガポールから香港への旅行者には、この要件は適用されない。また、いずれの都市でも、出発前14日間、それぞれの都市に滞在していることが条件になる。また、それぞれの都市で追跡確認アプリをダウンロードすることも推奨されている。

新しく交わされた合意では、それぞれの都市で追跡不可能な感染者が週平均で5人を超えた場合は、トラベルバブルは2週間停止される。再開にあたっては、追跡不可能な感染者が3日連続で3人以下になり、その3日目の追跡不可能な感染者数が1日平均5人以下になる必要がある。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。