「会議施設 + アバター」でMICE開催、リアルに近いオンライン会議の実現へ、ANA傘下企業と三井不動産が実証実験

ANAグループのavatarin(アバターイン)と三井不動産は、会議施設とアバターを組み合わせた「avatar MICE」の実証を開始する。アバターを活用してリアルの場で偶然起こるセレンディピティ(思わぬ発見をする能力)やリアルなコミュニケーションや空間のそのものを伝送することで、既存のオンライン会議では実現が難しい新しい形のイベントの実現を目指す。

第1弾は、金融庁と日本経済新聞社が主催する「BG2C FIN/SUM BB」で実施。8月24日と25日に室町三井ホール&カンファレンスで開催予定の一部セッションで、avatarinが独自開発した普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」を設置し、参加者には遠隔でのセッション参加やネットワーキングの機会、メディアには遠隔での囲み取材の機会を提供する。

今後、avatarinと三井不動産は、日本橋三井ホールや宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHIなど、日本橋エリア内における各種カンファレンス施設で「avatar MICE」を導入していく予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。