JTBと凸版印刷、AR飲食店ガイドアプリの実証実験、3D都市モデル活用で

JTB、JTB総合研究所、凸版印刷は、3D都市モデルを活用したAR飲食店ガイドアプリの実証実験を実施する。国土交通省が推進する「Project “PLATEAU(プラトー)”」における民間サービス開発の一環。

実証場所は札幌市狸小路商店街で、高精度な拡張現実によるAR飲食店ガイドと、モバイルオーダーシステムを組み合わせたスマートフォン向けサービスを提供する。コロナ禍でニューノーマルに対応したまちづくりが求められるなか、新たな観光・飲食体験や地域活性化につながる効果を検証する目的だ。

具体的には、2021年3月10~19日の期間中、AR飲食店ガイドアプリで、札幌市の狸小路商店街の飲食店90店、感染症対策、モバイルオーダーシステム導入20店舗のメニュー情報を提供する。コロナ禍において飲食店選びのデジタル化を促進することで新たな体験価値を提供できるか、3D都市モデルを活用したARガイドがニューノーマルに対応した新たな観光需要を喚起できるかなどを検証する。

今後は実証実験を踏まえて全国で普及を図るほか、飲食店以外の観光入場施設にも対象を拡大。インバウンド需要の回復に備え、多言語・DX(デジタルトランスフォーメーション)対応の実現を目指す。

なお、国交省が推進する3D都市モデルとは、建物や街路に名称や用途、建築年といった情報を付与することで、都市空間を再現する3Dプラットフォーム。さまざまな都市活動データを3D都市モデルに統合することで、フィジカルとサイバーの融合を実現。都市計画立案の高度化や都市活動のシミュレーションが可能になる仕組みだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。