宮古島の循環バス、マスク着用でも顔認証で乗車可能に、観光客も乗車券なしで顔パス乗車

日本電気(NEC)は、沖縄県宮古市での「宮古島ループバス」の実証運行に、マスク対応の顔認証を活用した乗車システムを提供する。「宮古島ループバス」は2021年7月12日から9月5日に、宮古島市内の主要観光地、宿泊施設などを循環する取り組みで、双日、宮古協栄バス、八千代バス・タクシー、中央交通が実施。NECはマスクを着用したまま本人確認できる顔認証する同社の技術を通じ、コロナ禍での感染リスクを低減する。

同実証実験は、2020年10月から2021年1月にも行われた次の取り組みとして、マスク着用時でも顔認証可能なエンジンに対応し、顔認証対象者を宮古市民に加え、観光客にも拡大して実施するもの。観光客は、LINE経由の専用アプリで乗車券を購入し、顔登録メニューから乗車券と顔情報を紐づけることで、顔認証によって乗車することができる。乗車券が不要になることで紛失を防止し、利便性・回遊性の向上も見込まれる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。