ナビタイム、駅混雑予測をAPI形式でMaasアプリに提供、名古屋鉄道の実証で目的地までの移動をシームレスに

ナビタイムジャパンは、名古屋鉄道が愛知県岡崎エリアで実施する観光型MaaS実証実験に、駅混雑情報やマルチモーダルルート検索、地点検索機能を提供する。

名古屋鉄道が実施するのは「岡崎エリア版MaaSアプリ(WEB版)」で、岡崎市が観光庁の「既存観光拠点の再生・高付加価値推進事業」に採択された取り組みのひとつ。ナビタイムジャパンは、「NAVITIME」などで提供している「駅混雑予測」機能を「NAVITIME API」として初めて提供。アプリ上で名古屋鉄道の主要駅を対象に混雑情報を表示する。混雑情報はナビタイムジャパンが提供するサービス内での駅検索数の集計データをもとに独自技術で予測し、リアルタイムに近い混雑状況を確認できるようにする。

このほか、徒歩、鉄道、バス、飛行機、タクシー、シェアサイクルなどの移動手段を組み合わせて、 複数の移動ルートを提案するマルチモーダルルート検索、目的地やシェアサイクルのポートなど索できる地点検索機能も提供し、目的地までのシームレスな移動をサポートする。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。