2022年の年頭所感を整理した、観光産業の未来につなげる、観光トップ/リーダーの今年の決意

2022年を迎え、旅行や観光関連企業・組織のトップやリーダーが年頭所感や新年の挨拶として事業方針や決意を表明している。そこでは、2年におよぶコロナ禍とその影響の振り返り、2022年とその先への展望、今後の観光産業の復活を見据えた事業展開に向けた強い想いが読み取れる。

そのなかで、政府は感染拡大防止策徹底と同時に展開した「観光需要回復のための施策プラン」に言及とともに、2022年は国内交流の需要喚起(観光庁長官 和田浩一氏)のほか、国際観光の再開が期待される重要な年である(日本政府観光局(JNTO)理事長 清野智氏)と説明。一方、観光事業者・企業は、新たな展望や事業方針を推進する考えのほか、サステナブルへの取り組み強化などを含めた「未来につなげるための提案」に関する表明が多くみられた。

トラベルボイスでは、読者が各社・各組織の今後の活動方針を読み解くことができるように、原文のまま紹介している。以下は、2022年1月3日までに公開された年頭所感を整理したもの。それ以降に公開されたものについては、順次追加・更新する。

行政・観光機関

旅行会社・OTA・テクノロジー企業など

航空会社と系列旅行会社・GDS

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…