検索タグ "経営方針"

訪日アプリ「WAmazing」、一時サービス停止で翻訳サービスを開始、需要回復期までの雇用維持で

訪日アプリ「WAmazing」、一時サービス停止で翻訳サービスを開始、需要回復期までの雇用維持で

訪日旅行サービスのスタートアップ「WAmazing」が、ネイティブ人材活用で翻訳チェックサービス開始。通常サービスは一時停止。
JTB、新社長に山北栄二郎氏が内定、グローバル領域とデジタル領域の変革を加速へ

JTB、新社長に山北栄二郎氏が内定、グローバル領域とデジタル領域の変革を加速へ

JTBが新社長を発表。山北常務が内定で経営陣の若返りへ。
ハナツアー、子会社バス会社の事業休止、日韓情勢の悪化に加えて新型コロナが直撃、社長報酬カットや希望退職者募集も

ハナツアー、子会社バス会社の事業休止、日韓情勢の悪化に加えて新型コロナが直撃、社長報酬カットや希望退職者募集も

ハナツアー・ジャパンは、連結子会社の友愛バスの事業を休止する。日韓情勢の影響に加えて、新型コロナウイルスの感染拡大による事業環境の急変が要因。
エアトリ、ツケ払い旅行予約アプリ名称を「エアトリ Now」へ、「TRAVEL Now」から改称

エアトリ、ツケ払い旅行予約アプリ名称を「エアトリ Now」へ、「TRAVEL Now」から改称

エアトリが昨秋に取得した「TRAVEL Now」の名称を「エアトリ Now」に変更。
新型肺炎に関する経営相談の窓口開設、中小企業基盤整備機構が全国10ヶ所に

新型肺炎に関する経営相談の窓口開設、中小企業基盤整備機構が全国10ヶ所に

中小企業基盤整備機構は、「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」を全国10か所に設置。中小企業・小規模企業者を対象として、 経営上の相談を受け付け。
HISの成長戦略を聞いてきた、旅行事業はM&A加速、海外のホテル事業は高級路線で

HISの成長戦略を聞いてきた、旅行事業はM&A加速、海外のホテル事業は高級路線で

HISが決算発表で明らかにした今後の成長戦略をまとめた。主力の旅行事業やホテル事業の国内・海外での展開を代表取締役会長の澤田秀雄氏ら経営陣が話した。
エボラブルアジア、社名を「エアトリ」に変更へ、事業領域を整理で新設「ライフイノベーション事業」も

エボラブルアジア、社名を「エアトリ」に変更へ、事業領域を整理で新設「ライフイノベーション事業」も

エボラアブルアジアが社名変更を発表。2020年1月1日から「株式会社エアトリ」へ。
HIS、来年8月に持株会社体制に移行へ、旅行事業にとらわれない収益基盤の構築狙う、分割準備会社を設立

HIS、来年8月に持株会社体制に移行へ、旅行事業にとらわれない収益基盤の構築狙う、分割準備会社を設立

エイチ・アイ・エス(HIS)は取締役会で来年8月1日をめどに持株会社体制への移行に向けた準備を開始することを決議。グループ経営戦略機能の強化、権限と責任の明確化による意思決定の迅速化、グループシナジーの最大化が目的。
JTB高橋社長が決算会見で語った「次の打ち手」を整理してみた、「個人旅行事業の再構築」から「リアルエージェントの真価の発揮」まで

JTB高橋社長が決算会見で語った「次の打ち手」を整理してみた、「個人旅行事業の再構築」から「リアルエージェントの真価の発揮」まで

ソリューション型ビジネスへの転換を図るJTB。個人旅行事業はどう変化するのか。決算会見での説明から整理してみた。
JTB連結決算、過去最大の最終赤字、海外事業会社の業績不振とシステム開発中止で多額の減損処理 -2018年度

JTB連結決算、過去最大の最終赤字、海外事業会社の業績不振とシステム開発中止で多額の減損処理 -2018年度

JTBが2018年度の連結決算で過去最大の赤字を発表。経営改革に伴う環境変化への対応で、大きな減損処理を実施。
世界7位のホテルチェーンOYO(オヨ)が日本で新事業、CEO来日で語った「生活空間の変革」、合弁を決めたヤフーの狙いも聞いてきた

世界7位のホテルチェーンOYO(オヨ)が日本で新事業、CEO来日で語った「生活空間の変革」、合弁を決めたヤフーの狙いも聞いてきた

インドのホテルチェーン・ユニコーン企業のOYO(オヨ)が、賃貸住宅事業「OYO LIFE」を開始。「旅するように暮らすライフスタイル商品」として、東京から世界に展開へ。
日本旅行、役員体制と人材育成の強化でグローバル戦略を加速、ダイバーシティ推進で初の女性役員も誕生

日本旅行、役員体制と人材育成の強化でグローバル戦略を加速、ダイバーシティ推進で初の女性役員も誕生

日本旅行は、中期経営計画「VALUE UP 2020」の折返し年にあたり、2019年度の取り組みを説明。グローバル戦略を加速するとともにダイバーシティを推進していく。新たな役員体制では女性初の役員も誕生。
IR(統合型リゾート)の世界大手「MGM」、日本の第一候補を大阪に決定、大阪オフィス開設など経営資源を集中へ

IR(統合型リゾート)の世界大手「MGM」、日本の第一候補を大阪に決定、大阪オフィス開設など経営資源を集中へ

MGMリゾーツが日本でのIR展開で大阪を第一候補に決定。拠点となる大阪オフィスも開設。
5棟で1つのホテル、京都に開業した初の「分散型ホテル」の取り組みを取材した - 地域生活と共存する観光のカタチを考える

5棟で1つのホテル、京都に開業した初の「分散型ホテル」の取り組みを取材した - 地域生活と共存する観光のカタチを考える

現地の暮らし体験を望む観光客が増えるなか、京都に街に溶け込む分散型ホテルが誕生。地域生活と観光を共存させる挑戦を聞いてきた。
ANAセールス、新ブランド「ANA Traveler's(トラベラーズ)」を発表、各種サービスの総称として

ANAセールス、新ブランド「ANA Traveler's(トラベラーズ)」を発表、各種サービスの総称として

ANAセールスが、同社の旅行商品や各種サービスを総称するブランド「ANA Traveler's(トラベラーズ)」を発表。旅するすべての人の身近な存在でありたいという想いを新ブランド名に込めた。
電気・水道ない無人島が「遊び」に特化した旅行業に参入へ、ヤンバルコビト社が資金調達

電気・水道ない無人島が「遊び」に特化した旅行業に参入へ、ヤンバルコビト社が資金調達

沖縄県のヤンバルコビト社が所有する無人島(通称:ヤバイ無人島)が、数千万円の資金調達を実施。遊びに特化した旅行業開業などを目指す。
ナビタイムが旅行事業の開発に20年かけた理由とは? 大西社長に「商品開発のこだわり」と「最大の危機」を聞いてきた

ナビタイムが旅行事業の開発に20年かけた理由とは? 大西社長に「商品開発のこだわり」と「最大の危機」を聞いてきた

2016年にトラベル事業を開始したナビタイムジャパン。その基本サービスは1996年に開発されていたものだった。商品化まで20年かけた背景を大西社長に聞いた。
【速報】LINE、トラベル事業で旅行比較「Travel.jp」と資本提携、ベンチャーリパブリック社に34%出資

【速報】LINE、トラベル事業で旅行比較「Travel.jp」と資本提携、ベンチャーリパブリック社に34%出資

LINEがベンチャーリパブリックに出資。「LINEトラベル」に旅行比較で先行するベンチャーリパブリックの「Travel.jp」のノウハウを注入。
人力チャットの旅行予約「ズボラ旅」、パンク解消後に新たな3方針、自動化や専用アプリ開発の検討も

人力チャットの旅行予約「ズボラ旅」、パンク解消後に新たな3方針、自動化や専用アプリ開発の検討も

人気集中でサービスがパンクした「ズボラ旅」が対応方針の変更を発表。よりユーザーに向き合い、サービスを進化。