検索タグ "LINE"

女性ビジネスパーソンの連絡手段は「LINE」、男性はテレビ視聴減少が顕著 -ライフスタイル調査

女性ビジネスパーソンの連絡手段は「LINE」、男性はテレビ視聴減少が顕著 -ライフスタイル調査

ビジネスパーソンの連絡手段やメディア接触時間で男女差が明白に。女性が「よく使う連絡手段」は「LINEメッセンジャー」がトップ。人材サービスのVSNの実施調査より。
LINEが飲食店のネット予約を開始、人力サービスでアプリ内完結、実名型グルメクチコミの「Retty」とも提携

LINEが飲食店のネット予約を開始、人力サービスでアプリ内完結、実名型グルメクチコミの「Retty」とも提携

LINEは、LINEアプリ上で、人気飲食店に特化したネット予約サービス「LINEグルメ予約」を開始。実名グルメサービス「Retty」の高評価の店のほか、有名クチコミサイトで3.5点以上を獲得する店舗が対象。
中国国際航空、5億人超のチャットアプリ「WeChat」に公式アカウントを開設

中国国際航空、5億人超のチャットアプリ「WeChat」に公式アカウントを開設

中国国際航空(CA)は、LINEと中国版LINEと呼ばれるWeChatでCA公式アカウントを開設した。
LINEで最大200人まで無料通話できるアプリ登場、ビジネスや会議で活用も

LINEで最大200人まで無料通話できるアプリ登場、ビジネスや会議で活用も

LINEは最大200人まで同時通話ができる無料グループ通話アプリ「Popcorn Buzz」を開始。プライベート利用のほか、電話会議などのビジネスの場での利用も可能。
LINEチャットでオンライン旅行相談、高級旅館・ホテルの予約サイト「relux」が開始

LINEチャットでオンライン旅行相談、高級旅館・ホテルの予約サイト「relux」が開始

高級旅館・ホテルの予約サイト「relux」は、LINEでのチャットによる旅行相談サービスを開始した。個人旅行のみならず、研修などの企業・団体の旅行にも提案・予約を行ない、料金は何度でも無料。
「じゃらんnet」と「ネイバーまとめ」が連携、宿泊施設の写真80万点以上を提供、まとめ記事からの予約導線拡充へ

「じゃらんnet」と「ネイバーまとめ」が連携、宿泊施設の写真80万点以上を提供、まとめ記事からの予約導線拡充へ

リクルートライフスタイルが運営するオンライン予約サイト「じゃらんnet」は、2015年4月2日、LINEが運営するキュレーションサービス「NEVER(ネイバー)まとめ」とのコンテンツ連携を開始。画像提供により宿泊予約導線を拡充。
LINE、タクシーサービスの提供エリア拡大、北海道や関西など22都道府県で利用可能に

LINE、タクシーサービスの提供エリア拡大、北海道や関西など22都道府県で利用可能に

コミュニケーションアプリ「LINE」を使った直接タクシーサービス「ライン タクシー(LINE TAXI)」は、このほど対象エリアを拡大、22都道府県で利用可能とする。日本交通との連携で対応台数も増強。
LINEでタクシーを呼べる「LINE TAXI」がスタート、支払いもLINEで完結

LINEでタクシーを呼べる「LINE TAXI」がスタート、支払いもLINEで完結

スマートフォンで利用できる無料のコミュニケーションアプリ「LINE」は、アプリからタクシーを呼び出せる新サービス「LINE TAXI」を開始。同グループの決済サービスにより、キャッシュレスで利用可能。
LINE登録ユーザー数が世界5.6億人・日本5400万人に、1日のコミュニケーション数は前年比3倍に増加

LINE登録ユーザー数が世界5.6億人・日本5400万人に、1日のコミュニケーション数は前年比3倍に増加

LINEの登録ユーザー数が2014年10月9日時点で世界5.6億人、うち日本人は5400万人に達した。月間のアクティブユーザー数は1.7億人以上。1日のコミュニケーション数は202%増の1.6億件に。
LINEが新事業戦略を発表、タクシー配車や訪日外国人向け地図アプリなど

LINEが新事業戦略を発表、タクシー配車や訪日外国人向け地図アプリなど

LINEは日本交通と提携し、タクシー配車サービス「LINE TAXI」を発表。LINEアプリや専用公式アカウントから指定された場所へ配車する。新たに開始する「LINE Pay」での支払いも可能。
スタンプ目当てで企業と「友達」になったLINEユーザーは約4割、商品購入経験は16.7% -ジャストシステム

スタンプ目当てで企業と「友達」になったLINEユーザーは約4割、商品購入経験は16.7% -ジャストシステム

ジャストシステムの調査で、LINEのスタンプをもらうために企業と「友達」になったことがあるとの回答は44.3%。アプリインストールや商品購入なども多く、スタンプが有力なツールになっている。
LINEトークを使って海外ツアー探し、「ニューヨーク」と書けばNYツアーおすすめプランが届く、HISの新サービス

LINEトークを使って海外ツアー探し、「ニューヨーク」と書けばNYツアーおすすめプランが届く、HISの新サービス

HISはLINEを利用した、海外ツアーの紹介と店舗検索の新サービスを開始。「ツアーと行き先」のメッセージ送信で、おすすめプランを提示。検索よりも気軽に旅行に触れることで旅のきっかけ作りを図る。
O2Oサービス利用率は43.0%、LINE利用者に高い傾向

O2Oサービス利用率は43.0%、LINE利用者に高い傾向

クロス・マーケティングの「O2Oサービス利用状況調査」によると、O2Oサービスの利用率は43.3%、実店舗利用者は35.6%。LINE利用者の実店舗利用率は約7割と高い。
ママのスマホ保有率は84%、LINEがコミュニケーションインフラに

ママのスマホ保有率は84%、LINEがコミュニケーションインフラに

インタースペースの調査によると、子どものいるママ(平均31.4歳)のスマートフォン保有率は84%で、2年前から3.6倍に拡大。LINEの利用率は7割に達し、コミュニケーションインフラの地位を確立。
LINEが3つの新サービス、顧客へのカスタマイズ配信、国際電話1分2円、独自スタンプ制作・販売

LINEが3つの新サービス、顧客へのカスタマイズ配信、国際電話1分2円、独自スタンプ制作・販売

LINEは3つの新サービスを提供する。各企業が公式アカウントで特定のユーザーへのメッセージ送分けや、国内外の固定電話や携帯電話の番号に低料金で通話ができるように。